山田なおたか (練馬の宣伝マン) 公式ホームページ

2014年3月の記事一覧

来街者ではなく来店者を増やす

練馬を愛し、練馬をわかりやすく伝える、練馬の宣伝マン(エヴァンジェリスト) 山田なおたかです。

こちらの記事では、練馬のお店・イベントなどを「勝手」に応援しております。

私は、商店会の役員として様々な活動に携わっています。お祭り、歳末売り出しなどイベントは目白押し。それを企画して運営するのは役員が中心、というよりも、ほぼ役員です。残念ながら、イベントを打っても役員(のお店)は儲かりません。

商店会のイベントには見落としがちな落とし穴があるのです。それが「来街者」と「来店者」の関係です。

イベントをうち、街が賑わって「来街者」が増えれば街が潤う!と考えがちですが・・・、実際はそう簡単ではありません。「来街者」が増えても、肝心の「来店者」が増えないからなのです。

「来店者」が増えなければ、売上は伸びません。折角、身銭や時間を割いて企画したイベントが売上につながらない。それではイベント従事者のやる気も削がれてしまいます。

イベントを売り上げにつなげるためには「来街者」を「来店者」にする確率をあげる必要があります。ここに重きを置かないと、本来の目的を見失い、集まった人数を数えて、多い少ないで一喜一憂するだけになってしまいます。

2014年03月05日

いつもと違う道も歩く

練馬を愛し、練馬をわかりやすく伝える、練馬の宣伝マン(エヴァンジェリスト) 山田なおたかです。

こちらの記事では、練馬のお店・イベントなどを「勝手」に応援しております。

今日の写真は、先日フリーペーパーの取材に同行した際に立ち寄ったお店の外観です。取材を担当していた方が「このお店を目指したい!」と言い出したものの、場所が思い出せない状況になってしまい、いわゆる迷子に。

オープンしたばかりのお店ということでインターネットにも情報が掲載されていない。これは困ったぞ!と思い、取材を担当していた方に、そのお店の周りのことを思い出してキーワードをいくつか教えてもらうことにしました。

いくつか頭にひっかかるキーワードがあったので、私の記憶をたどって歩くこと15分ほど。そうしたら無事に辿りつけたのですよ。知らない街を歩く時ってすっごい集中しますよね。この時の15分。歩いた道のことをはっきり覚えています。なんとも刺激的でした。

皆さん散歩してますか?職場と家の往復ばかりで週末は家に引きこもり。そういう方もいらっしゃるでしょう。なんとも勿体ない。たまには違う道を歩いてみてはいかがでしょうか。自分を刺激するのも自分の役割です。

2014年03月04日

やらないで評価しない

練馬を愛し、練馬をわかりやすく伝える、練馬の宣伝マン(エヴァンジェリスト) 山田なおたかです。

こちらの記事では、練馬のお店・イベントなどを「勝手」に応援しております。

食わず嫌いという言葉があります。子どもの頃はそれで済みましたが、おとなになってから食わず嫌いでは勿体ないですね。人生は一度限り。大して難しいことではないのに、経験しないで人生を終えてしまっては悔いが残ります。

体験にしても、人にしても、実際に自分でやってみて、実際に相手と話してみて評価をすることが大切です。実際にやってみて、会ってみて、本当にひどかったと感じたら、それはそれで良いではありませんか。

それを気に入っている人、その人が好きな人が少なからずいるわけです。それらにも歴史があります。気に入らなかったからといって、その歴史を壊すようなことはしなくてもよいでしょう。まして、経験や対面をしていないのであればなおさらです。

2014年03月03日