山田なおたか (練馬の宣伝マン) 公式ホームページ

山田なおたかのブログ

苦労と不幸は違う

練馬を愛し、練馬をわかりやすく伝える、練馬の宣伝マン 山田なおたかです。

こちらの記事では、練馬のお店・イベントなどを「勝手」に応援しております。

大河ドラマ「八重の桜」終わりましたね。ドラマ中に出てきた言葉です。苦労と不幸を一緒くたに考えてしまう人がいます。苦労の渦中にいると自分が不幸だと思い込んでしまうのです。

「若い時の苦労は買ってでもせよ」という言葉があります。苦労した経験が将来の自分に役立つという言葉です。苦労を前向きに捉え、将来の自分に対する投資だと思えれば買ってでもしましょうよということです。

世の中には苦労したくない方がいます。そうした方々の多くは、苦労好きな人に苦労を押し付けようとします。苦労市場の需要と供給。買い手がいれば、売り手もいるということですね。

ちなみに私は苦労を買う方です。しかし押し売りは困りますよ(笑)しっかり皆さんも苦労して、自ら道を切り開いてください。