山田なおたか (練馬の宣伝マン) 公式ホームページ

山田なおたかのブログ

刷り込まれていないか考える

練馬を愛し、練馬をわかりやすく伝える、練馬の宣伝マン 山田なおたかです。

こちらの記事では、練馬のお店・イベントなどを「勝手」に応援しております。

人間には目に見えないスイッチがあるのをご存知でしょうか。そういう状況になったら、こうしてしまう。例えばジャンケンをする時。なんとなく「勝とう!」と思ってしまう。オシッコをする夢を見たらオネショをしていないか不安になる。

これはいわゆる「刷り込み」による反射的な行動だと私は理解しています。

お恥ずかしい話ですが「オシッコをする夢を見たらオネショをしていないか不安になる。」は昨日私が体験したことなのです。さいわい、オネショはしていませんでしたが。これは「ドラえもん」に登場するのび太君の影響なのです。

世の中にはこうした反射的行動を悪用する方がいます。何かを決断する時、何かを購入する時、一呼吸おいて「刷り込まれていないか」を考える余裕を持てると良いですね。

何かをもらうと、お返しをしたくなる。周りの大勢の方が持っているものが欲しくなる。お客様の声を読んで共感して買ってしまう。「無料」という言葉に誘われて個人情報を提供してしまう・・・。

私はテレビをあまり見ませんが、テレビが放送する内容は「刷り込み」効果抜群です。テレビが悪いわけではありません。テレビで放送されている内容を「判断基準の軸」として据えてしまうことはオススメできない、と言いたいのです。